美村里江は結婚した旦那(夫)や子供はいる?出身高校や大学はどこ?

この記事は4分で読めます

こんにちは、ディルです!

フジテレビで11月10日の20時~21時45分に
放送される雅子さまの物語
『陛下と雅子さま 知られざる笑顔の物語』で
美村里江さんが主演を務めることが決定しました!

そんな美村里江さんは
結婚した旦那(夫)子供はいるのか
出身高校大学などはどこなのか
気になったので色々と調べてみました!

美村里江さんが出演する
『素肌しずく』のCM動画もあります
ので
気になる方は見てみて下さいね!

それでは、早速みていきましょう!

スポンサードリンク


美村里江のプロフィール!

まずは、美村里江さんのプロフィールから
見ていきましょう!

名前:美村里江(みむらりえ)
生年月日:1984年6月15日
出身地:埼玉県深谷市
血液型:B型
身長:167cm
職業:女優、エッセイスト

引用元はこちら

美村里江さんの現在の年齢
「35歳」
です。

読み方は普通に「みむらりえ」ですね。

年齢の割にとても美しく若くも見えますね!
さすが女優です。

事務所について調べたところ
「スターダストプロモーション」だと
分かりました。

所属することになったきっかけは
カットモデルのアルバイトだったようです。

その時は「ミムラ」という芸名で
活動されていました。

「美村里江」に改名した理由は3つあるそうで

1. 本家ムーミン“ミムラ姉さん”の知名度がぐんと上がったため
2. 大河ドラマ台本の役名・出演者一覧を見て本来の日本名の大切さ
3. 公私の自分が、ニアリーイコールになった

引用元はこちら

事務所に入るときの条件としては
「TVには出演しない」というのが
条件だったようです。

卒業後の進路を考えている時期に受けた
演技のレッスンが楽しく感じて
その後の女優デビューにつながったんだとか。

2003年の「ビギナー」が最初の作品です。

この作品のヒロイン公募オーディションで
1万人以上の応募者の中からヒロインに選ばれました。

その後も数多くの作品に出演されています。

結婚した旦那(夫)や子供はいる?

続いては美村里江さんの結婚した旦那(夫)
子供についてみてみましょう。


結論から言います。

結婚は1度されたのですが離婚すこととなり
バツイチですが現在は再婚しています。

子供はいません。

初め(2006年11月)に結婚した
お相手の旦那(夫)は
指揮者の「金聖響」さんです。


きっかけは
映画 『この胸いっぱいの愛を』での共演でした。

その後
互いの仕事が多忙なことによるすれ違いを理由に
2010年に慰謝料のない円満離婚をしましたが

元夫の金銭トラブルなどが4年後に
報じられたので

本当の原因は
こちらにあったかもしれませんね。

現在の旦那(夫)とは2013年6月に
約1年半の交際を経て再婚しました。

美村里江さんは公式サイト内のコラムで

「年上の一般の方で性格は『俺物語!!』の猛男くん似、
国籍も含めThe・日本男子です。」

このように一般男性で40代の自営業の
現在の旦那(夫)を紹介
しています。

イメージとしてはこんな感じですね。

俺物語の漫画が気になりました。

子供はこれから作る予定かも
しれませんね~。

スポンサードリンク


出身高校や大学はどこ?

続いて美村里江さんの出身高校大学について
みていきましょう。

高校には美術の推薦で入ったようです。

出身高校は埼玉県にある
「伊奈学園総合高校」ということが分かりました!

偏差値は60です。

ここに推薦で入られたのですから
頭が良いんですね!

こちらは県立の共学の高校です。

地図はこちらです。

大学についてですが
高校卒業後に女優を目指したので

「大学には進学していない」ことも
分かりました。

代わりに中学について調べたところ

「深谷市立上柴中学校」ということが
分かりました。

地図はこちらです。

余談ですが美村里江さんの本名は
卒アル画像での名前は
「小暮理恵」となっていました。

現在は結婚されているので
苗字は変わっていると思いますが・・。

最後に美村里江さんが出演する
『素肌しずく』のCM動画を紹介
しておきます!

素肌しずく

まとめ

今回は美村里江さんの
結婚した旦那(夫)子供
出身高校大学を見てきました。

旦那(夫)は

元夫:指揮者の「金聖響」さん
現在:40代の自営業の一般男性

子供はいない。

出身高校は「伊奈学園総合高校」
大学には進学していない。

補足情報として美村里江さんは
熱狂的なムーミンファンで
「ミムラ姉さん」が大好きみたいです。

こちらの記事もよく読まれています↓

藤木由貴は結婚した旦那(夫はいる?出身高校や大学はどこ?

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております^^

スポンサーリンク


↓こちらの記事もよく読まれています↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。