トランプタワーの火災の動画がヤバい!火事の原因(漏電の理由)を調査!

この記事は3分で読めます

スポンサーリンク


こんにちは、ディルです!

ニュースを見ていたら
トランプタワー火災が発生したという
ニュースを知りました!!

火災動画はあるのか?
火事原因理由を調査してみました!!

スポンサードリンク


トランプタワーの火災の動画について

まずはトランプタワー火災の動画を見てみましょう!!

他の火事(火災)動画も見つけました!!

こちらは下から撮影された
短い動画ですが屋上でかなりの煙が上がって燃えているのが分かりますね!!

今回の火事で消防隊員が3人負傷したことが今のところ分かっています。

そのうち1人は重傷だそうです。

その他のけが人は今のところ発見されていない状況です。

これはトランプタワーの日常の風景です。

火災発生時にはトランプ大統領とご家族は
タワーには滞在していなかったそうで
無事で本当に良かったと思います。

おそらくワシントンのホワイトハウスにいたと
思われますが、

トランプさんもご自身の城である
『トランプタワー』が燃えているのでかなり気がかりで
心配されていると思います!

現在は70人〜80人体制で消火活動が行われている模様です!!

火事の原因や理由は?

今回の
火事の原因は電気設備の漏電
だと言われています。

一部ではもしかしたら『テロ』の恐れもあるのでは??と話題になっていますが
今のところテロの可能性はかなり低いですね!!

また何か詳しい情報があれば追記したいと思います!

漏電の意味ですが

漏電(ろうでん、英:an electric leak)とは、
絶縁体の絶縁が破れたり、外的要因により導体間が電気的に接続されたりして
目的の電気回路以外に電流が流れること。

引用元

ちなみに絶縁体の意味は

絶縁体(ぜつえんたい、英: insulator)は、
電気あるいは熱を通しにくい性質を持つ物質の総称である。

引用元

漏電が起こる理由はいくつかあるのですが

・不適切な電気工事による
・絶縁体の劣化や破損によるもの
・水漏れや塩害
・アースの誤った使用
・昆虫やネズミの侵入・ケーブル破壊など人間以外の動物によるもの
・トラッキング現象

このなかで今回の火災の原因として
電気設備の漏電となっていることから

絶縁体の劣化
ほこりの蓄積によるトラッキング現象

この2つのどちらかが火事が発生した理由ではないかと
僕は思いました!!

一般家庭でもトラッキング現象による火災は多いので

たまにはコンセントを抜いて掃除したり
使っていないコンセントはスイッチを切るか、コンセントを抜いておくことで
火災発生を防止することができます。

外出して帰ってきたら家が燃えていたということが
ないように僕も気をつけようと思います。

スポンサードリンク


まとめ

最後に
世間の人の声はどうなっているんでしょうか?

皆さん色々と考えているんですね〜。

僕は犠牲者が少なかったのが
不幸中の幸いだと感じました!!

冬場は空気が乾燥しているので
日本でも火災が起こりやすい季節ですよね!!

ストーブやファンヒーターを使っている人は
これを機に注意して火事が起こらないように
気をつけて下さいね!!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております^^

スポンサーリンク


↓こちらの記事もよく読まれています↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。