バジャウ族ツアーの行き方や場所を調査!生活やトイレの仕方がヤバい!

この記事は4分で読めます

スポンサーリンク


こんにちは、ディルです!

つい最近、神戸の須磨の海に行ってきたのですが
昔に比べて綺麗でした。

たまたまTVを見ていたらバジャウ族に関する
番組を見たので

今回は
セブ島でバジャウ族と暮らす松田大夢さんの
バジャウ族ツアーについて

行き方場所生活トイレの仕方など
気になることを色々と調査してみました!

バジャウ族の動画もあります
ので
気になる方は見てくださいね〜。

スポンサードリンク


バジャウ族について

まずはバジャウ族について
みていきたいと思います。

松田大夢さんについての詳細は
こちらの記事を参考にしてみてくださいね!

松田大夢のwikiプロフ!結婚した嫁(妻)はいる?年収や出身大学を調査!


バジャウ族は国籍がなく
海上の遊牧民族として
フィリピン、インドネシア、マレーシア間の
海域で数百年前から生活しているそうです。

現地のフィリピン人でさえも自分たちとは違うと
一線を引いて関わることを拒否する人や
ネガティブなイメージを持つ人が多いそうです。

陸に住まず、海の上で生まれ死ぬまで終えるという
民族だそうです。

水深20メートルまで足ひれをつけずに
潜ることができる身体能力がある人も
多いそうです。

主に海でとれた魚やナマコ、ウニなどを売る
漁業を仕事として生活しているんだとか。

バジャウ族の動画はこちら

不思議な民族ですがとっても素敵で
目がキラキラと輝いている人も多くて
幸せそうです!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

セブ島フィリピン (ララチッタ)
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/8/6時点)

 

一度はセブ島に行ってバジャウ族と対面
してみたいですよね〜。

バジャウ族ツアーの行き方や場所は?

続いてはバジャウ族ツアーの行き方
場所について見ていきたいと思います!

行き方についてなんですがセブ島までは飛行機で行って
そこから『ウーバー』『グラブ』などの配車アプリを使って
『Gaisano Jai Alai』
という場所を指定して行くのが
一番効率がいいみたいです!!

降りたら道路の向かい側にバジャウ族の
集落へとつながる道がある
そう。

マンバリンという地域のバジャオワンという村がバジャウ族の住む村だ
という情報もあったので参考にしてみてください。

目印は巨大ショッピングモール『SMシーサイド』の近くだそうです。

飛行機は直行便だと6時間
マニラ経由で行くと9時間ほど

セブ島からタクシーで40分ぐらいの位置にあるそうです

ツアー費用など過去に参加した
人の体験情報を調査したところ

基本料金2500ペソ=5000円
バジャウ族へ入る入場料200ペソ=400円
オプションで松田大夢さんやバジャウ族と呑む権利などが
3000円〜5000円であるそうですよ!!

今、現在のツアー開催情報については
主催者の松田大夢さんに直接、問い合わせするのが
確実な情報を得られますのでオススメします!!

英語で『ヒロムくんを知っていますか?彼は日本人です』と
伝えればバジャウ族の人が案内してくれるので安心ですね!!

Do you know Mr.hiromu matsuda?
He is japanese.

こんな英語で十分通じると思いますよ!!

松田大夢さんのTwitterはこちら

松田大夢さんのFacebookはこちら

松田大夢さんのブログはこちら

スポンサードリンク


生活やトイレの仕方がヤバい!

続いてバジャウ族の生活やトイレの仕方に
ついて見ていきたいと思います。

家は高床式の水上住宅を作り密集して生活。

家にいる時は半裸で過ごすことが多いんだとか。

電気は通っているみたいですので
ネット環境を確保していて
自宅からでもPCで情報発信はできるようです。

生活のゴミはそのまま海に捨てるので
ゴミ溜めがすごい風景が目立ちますね!

小舟を使って移動しながら、
魚やナマコ、貝類などを取っています。

採れた魚を売っては、
生活に必要な米や水を買いに行くようです。

トイレの仕方なんですが
なんとそのまま海にする
そうです

う○この匂いは海に沈んでいくので
あまりしないんだとか笑

衝撃的ですよね〜。

こちらの動画の4分38秒あたりで
トイレらしき場所を通るシーンがあります
よ!!

動画はこちら

セブスタチャンネルの動画がとても
生活スタイルも解説されていて分かりやすいので
リンク載せておきますね〜。

バジャウ族の生活の動画はこちら

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

今回は松田大夢さんのバジャウ族ツアーの
行き方や場所、バジャウ族の生活やトイレの仕方に
ついて色々と見てきました!

文化の違いや豊かさは日本のほうが上ですが
幸せそうに生きているのはバジャウ族の人々に
思えて生き方を見直すきっかけになりました!

将来はフィリピンのセブ島に訪れて
実際に体感して肌で感じたいと思います!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

こちらの記事もよく読まれています↓

松田大夢のwikiプロフ!結婚した嫁(妻)はいる?年収や出身大学を調査!

またのお越しをお待ちしております^^

スポンサーリンク


↓こちらの記事もよく読まれています↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。