寺田逸郎のNHK判決とは?自宅と家系を調査!嫁(妻)や息子はいる?

この記事は4分で読めます

スポンサーリンク


こんにちは、ディルです!

NHKが受信契約の申込みに応じない
男性に対して起こした裁判が話題になっていますね。

今回はその裁判に対し『合憲』と判決した
第18代最高裁判所長官
『寺田逸郎』さんの

NHK判決自宅家系
嫁(妻)息子について

気になったので調査してみました!

スポンサードリンク


寺田逸郎のプロフィールと経歴

まずは寺田さんのプロフィールからみていきましょう。

名前:寺田逸郎(てらだいつろう)
生年月日:1948年1月9日
年齢:69歳
出身地:東京都

引用元

寺田さんは生まれは京都ですが

出身は東京なんですね〜。

 

裁判官なんで頭は良さそうなイメージありますね〜。

 

実際はどうなんでしょうか?

学歴も気になったので調べてみました!

 

中学校
『大阪教育大学附属天王寺中学校』

出身高校
『東京都立日比谷高等学校』

大学
『東京大学法学部』

え〜と、大変失礼致しました・・。

寺田さん、本物の秀才じゃないですか!?

東大法学部って偏差値いくらだっけ??

67.5〜72.5

センター得点率が89%〜94%

これはヤバいですね!!

とにかく頭がいいのはよく分かりましたよ!

次にいきます。

大学卒業後は

1972年に司法修習生になり、順調にキャリアを積んで

2014年に第18代最高裁判所長官
になりました。

現在まで最高裁判所長官になるためのレールを
しっかりと歩いてきたとしか言いようがありませんね。

1つの道を極めるのはとても
素晴らしいと思います!!

NHKの判決とは?

もう一度、今回の判決についておさらいをしておきましょう。

簡単に言うと

NHKが受信料を払わない男性を訴えて裁判になった。

で、12月6日の今日
寺田逸郎最高裁判所長官により

「受信料支払い義務」は「合憲」という判決が下されたということです。

合憲の意味は
「憲法に違反しない」ということです。

たまに見かけますが
玄関先に契約代行の委託された業者の人が
来ますよね。

今後は今回の裁判の判例を理由に
そのような業者の人が強気で利用者に
支払い請求ができることにも繋がります。

拒み続ければ今回の男性のように
裁判になる可能性だってあります。

このニュースから僕が思うことは

ますます若者のテレビ離れが進む
時代になるんだろうな
と思います。

最近はスマホさえあれば
十分に暇つぶし出来ますし

TVを見る時間は全体的に
減ってきていますよね。

NHKを始め民間放送もこの先もっと
経営が苦しくなるかもしれませんね〜。

お互いがWINーWINになれて
納得のいく解決方法を
考えるしかないと思います。

補足ですが

今回のNHK裁判の最高裁判所の判決のポイントについて
詳しそうな人が解説している動画を見つけたので
興味のある人はリンク貼ったので、見てみて下さい。

その1
その2
その3

自宅や家系について

寺田さんの家系についてみていきましょう。

実は寺田さんの
父親である寺田治郎さんは
第10代最高裁判所長官を務めた人
なんです。

親子揃って最高裁判所長官になるって
凄いですよね。

学歴を見ても小さな時から
もう裁判官になることが決まっていたような
レールを歩んできていますよね〜。

蛙の子は蛙ってことですね笑

自宅について調べていたのですが
ハッキリとした情報は見つけることができませんでした。

しかし

気になるツイートを発見しましたよ!

駒沢公園は世田谷区にあります。

プライベートなことなので
調査はここまでにしておきます!

世田谷区はお金持ちが住む地域で
そこに馬鹿でかい家があるとしたら
寺田さんは相当なお金持ちってことになりますね!

ということで最高裁判官の年収を調べてみました!!

「年収4000万、退職金1億円」
です。

参考にした記事はこちら

月300万あればウハウハで、
辞める時に1億円なんて羨ましいですね〜。

エリート中のエリートの地位だから
これぐらいは当然かもしれませんが・・

これなら老後の心配は皆無ですね笑

スポンサードリンク


結婚した嫁(妻)や子供(息子)はいるの?

寺田さんは結婚して
現在は嫁(妻)と2人で
住まれている
とのことです。

奥さんの詳細については情報は

ありませんでした。

 

やっぱり裁判官家族だから

家族のプライベートは厳重に

守られている
んだと思います!

寺田さんの息子さんについて調べたところ
息子が2人いることが分かりました。

お2人とも独立されていて

ちなみにですが、長男は弁護士になったそうですよ!

もう1人の息子さんがもし裁判官を目指していると
すれば、3世代揃って最高裁判所長官ということに
なるのかもしれませんね〜!!

代々どんな教育方針なのか気になります^^

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

今回は寺田逸郎さんとNHKの判決について

色々と書いてみました。

 

裁判官は公平な立場になるべき中立の人ですが

実際はどうなんでしょうか?

寺田最高裁判官は2018年の1月8日が退官予定日と
なっています。

やけにタイミングがいい気がしますが・・。

警察官や裁判官なども同じ人間ですから

時には真がさして間違いを犯すことも

あるでしょう。

 

僕は全ての人が己の正義感をもって職務を全うし

誠実に働いてくれればいいと思ってます!

 

今回のNHKの判決には立場によっては

賛否両論とあると思いますが

シッカリと必要なキャリアを積んできた人が下した判決です。

 

異論は色々あっても、従うしかなさそうですね。

副業も解禁されていますし
負担が増えた分は
他で稼ぐ道を、僕は選びたいと思います!!

時代の流れに逆らっていると
生きづらい世の中になりますからね笑

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております^^

スポンサーリンク


↓こちらの記事もよく読まれています↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。