アンドロイド観音の公開日や時間帯はいつからいつまで?拝観料はいる?

この記事は3分で読めます

こんにちは、ディルです!

アンドロイド観音が京都の高台寺で
期間限定で一般公開されるという
ニュースを見ました。

このアンドロイド観音について
公開日期間いつからいつまでなのか?

拝観できる時間帯拝観料などの詳細や
高台寺までのアクセスについても
気になったので調査しました!

アンドロイド観音動画もありますので
気になる方は見てみてくださいね〜。

それでは、早速みていきましょう!

スポンサードリンク


アンドロイド観音について

まずは、アンドロイド観音について
みていきましょう!

こちらのアンドロイド観音は
「マインダー」と名前がつけられて
います。

高さは1.95mで幅は約90cmあります。
重さは約60キロあります。

頭部や両手はシリコンで
胴体部分はアルミニウム製みたいです。

左目にある内蔵のカメラで参拝者を確認して
空気圧で動くようです。

アンドロイド観音の本体制作は「エーラボ」が行い
費用は約2500万円です。

制作費1億円程度だと言われています。

アンドロイド観音を通して
仏教の教えが現代の多くの人々に
伝わってほしいという思いが込められています。

公開日や期間はいつからいつまで?

続いて、アンドロイド観音公開日
期間いつからいつまでなのかみていきましょう!

公開場所は高台寺の「教化ホール」です。

公開日2019年3月8日からとなっております。

期間2019年3月8日(金)から5月6日(月・祝)

アンドロイド観音のある
高台寺へのアクセスですが

JR京都駅より
市バス206系統 「東山安井」で下車して
徒歩5分のところにあります。

阪急河原町駅から
市バス206系統「東山安井」下車、徒歩5分

河原町駅から徒歩だと20分前後かかるかと思います。

地図はこちらです

車で行く方は駐車場も気になりますよね。

住所
京都市東山区高台寺下河原町526番地

高台寺には150台の駐車場があります。

営業時間 24時間
駐車料金1時間まで500円

8:00〜23:00(30分毎に250円)
23:00〜8:00(60分毎に100円)

(高台寺または圓徳院拝観券で1時間無料、3ヶ所共通拝観券で2時間無料)

その他、近くの駐車場として

岡崎公園駐車場があります。

地図はこちら

営業時間7:30〜22:30
普通車で506台まで停めれます。

駐車料金1時間まで500円
30分毎に200円かかります。

スポンサードリンク


拝観時間帯と拝観料について

続いてアンドロイド観音拝観時間帯
拝観料についてみていきましょう。

こちらに関しては詳細が分かり次第
追記させて頂きますね〜。

追記:

時間帯について発表があったので
お知らせしておきます。

10:30〜/12:00〜/13:30〜/15:00〜/16:30〜

1日5回の時間帯に分けて公開があるようです。

1回の法話につき50席で予約の方が優先されるので
不安な方は事前予約することをおすすめします。

予約は前々日までと注意書きがありますので
予約を希望される方は早めにしたほうがいいですね!

予約状況や予約方法の詳細に関しては
こちらから確認してくださいね!

予約状況と予約方法の確認はこちら

拝観料に関しては

「拝聴の際はご志納をお願いいたします。」とありました。

相場に関しては100円〜1000円の間になるようです。

最後にアンドロイド観音動画
紹介しておきます!

すごいですよね〜。

瞬きや口の動きなど人間に
そっくりで質問に答えている姿や

お経を唱えている姿を見て
威厳があるように僕は見えましたね!

実際にアンドロイド観音と
対話して説法を受けたいです。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

今回は世界初のアンドロイド観音が
高台寺で一般公開されることについて

公開日期間いつからいつまでなのか?
時間帯拝観料について見てきました!

実際に見た人は未来のAIの
世界が垣間見れたのでは
ないかと思います!

僕も個人的にかなり気になるので
行くかどうか迷っているところです!

アンドロイド観音予約方法
お問い合わせはこちらのHPを
参考にしてくださいね!

詳細はこちら

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

こちらの記事もよく読まれています↓

アイアシアター神戸の座席表とキャパは?オープンの日時はいつ?

またのお越しをお待ちしております^^

スポンサーリンク


↓こちらの記事もよく読まれています↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。