吉野彰の出身高校や大学はどこ?結婚した妻(嫁)や子供はいる?

この記事は3分で読めます


こんにちは、ディルです!

吉野彰さんが日本人として
ノーベル化学賞を受賞しました!

吉野彰さんの出身高校大学などの学歴
結婚した妻(嫁)子供はいるのか
気になったので調査しました!

ノーベル化学賞を受賞が決定した際の動画
もありますので気になる方は見てみてくださいね!

それでは、早速みていきましょう。

スポンサードリンク


吉野彰のプロフィールと経歴!

まずは、吉野彰さんのプロフィール経歴から
みていきましょう!

名前:吉野彰(よしのあきら)
生年月日:1948年1月30日
出身地:大阪府吹田市
研究分野:電気化学、二次電池

引用元はこちら

経歴もみてみましょう。

1972年3月 京都大学大学院工学研究科の修士課程修了(石油化学専攻)

1972年4月 旭化成株式会社入社し機能性高分子等の研究開発業務をこなす

1981年〜 新型二次電池の研究をし始めた。

1985年  リチウムイオン二次電池を発明。

1992年  東芝との合弁会社株式会社エイ・ティーバッテリーの設立に携わる。

この時にリチウムイオン二次電池を事業化した。

この業績が国内・国外から評価されます。

2004年 紫綬褒章

2013年 ロシアのGlobal Energy Prizeを受賞。

2014年 米国のNational Academy Charles Stark Draper Prizeを受賞。

現在の職務は

・旭化成株式会社の名誉フェロー
・技術研究組合 リチウムイオン電池材料評価研究センター 理事長
・名城大学教授
・九州大学客員教授
・工学博士

71歳と高齢でありながら
かなり幅広くご活躍されていますね。

出身高校や大学はどこ?

続いては吉野彰さんの出身高校大学などの
学歴についてみていきましょう。


結論からいいます。

高校は「大阪府立北野高校」です。

大学は「京都大学」「大阪大学」です。

1970年3月に「京都大学」の工学部の石油化学科を卒業

1972年3月に「京都大学」の工学研究科の修士課程修了

2005年3月に「大阪大学」の大学院工学研究科の博士(工学)取得

北野高校⇒京都大学⇒京都大学修士⇒大阪大学博士と進まれたようですね!

北野高校といえば偏差値76の大阪で1番の高校です。

かなり勉強熱心な学生だったと想像できますね!

スポンサードリンク


結婚した妻(嫁)や子供はいる?

続いては吉野彰さんに結婚した妻(嫁)
子供はいるかについてみていきましょう。

結論からいいます!

吉野彰さんは結婚した妻と3人の子供がいます。

今の嫁(妻)とは1973年に結婚されているので
46年間の結婚生活を過ごされています。

今回のノーベル賞を妻(嫁)に
伝えたところ腰を抜かすほど驚かれた
みていですよ!

それほど嬉しかったんでしょう!

長年、連れ添って彰さんのことを
支えてこられたのですから
妻(嫁)には感謝の気持ちで
いっぱいだと思います。

でも、嫁(妻)には仕事のことは
ほとんど話していなかったようですね。

趣味がテニスでよく2人でされることも
あるのでとても仲が良くて羨ましいです。

子供たちも父親がノーベル化学賞を
受賞したなんて自慢できますね!

子供は女の子2人と男の子1人がいて
孫も2人いることも分かりました!

暗くてハッキリと分かりませんが
妻と子供さんらしき人物の画像を
見つけたので紹介しておきますね!

間違ってたらごめんさい。

最後にノーベル化学賞の受賞決定の時の
動画
を紹介しておきますね!

まとめ

いかがでしたか?

今回はノーベル化学賞を受賞した
吉野彰さんについて

出身高校や大学や
結婚した妻(嫁)や子供について
みてきました。

さすがノーベル化学賞を受賞するだけあって
学歴は素晴らしいですね!

同じ日本人として最近は暗いニュースも
多いですしとても嬉しいニュースだと感じ
誇りに思います!

吉野彰さん、ノーベル化学賞を受賞して
本当におめでとうございます!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております^^

スポンサーリンク


↓こちらの記事もよく読まれています↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。