古屋雄作は結婚した嫁(妻)や子供はいる?印税や水野敬也との関係は?

この記事は4分で読めます

スポンサーリンク


こんにちは、ディルです!

今回はうんこ漢字ドリルが面白くて
この作者の古屋雄作さんについて
気になったので

結婚した嫁(妻)子供はいる?
印税水野敬也との関係は?

この疑問について調べてみました!

スポンサードリンク


古屋雄作のプロフィール

まずは古屋雄作さんのプロフィールから
見ていきたいと思います。

名前:古屋 雄作(ふるやゆうさく)
生年月日:1977年生まれ
職業:脚本家、演出家、映像ディレクター
出身地:愛知県名古屋市
学歴:東海中学校・高等学校卒業。上智大学文学部哲学科卒業。
職歴:吉本興業でディレクターを経験

引用元

 

「日本一楽しい漢字ドリル」と銘打たれて
2017年3月に発売。

小学1~6年生向け全6冊からなるシリーズは、
異例の速さで累計100万部を超えたそうですよ!!

小学生って「うんこ」ってフレーズを良く使いますもんね。

僕もよく言って友人とふざけて遊んでいた記憶があります。

うんこで興味を持たせて楽しく漢字を学習してもらう。

最高ですね!!

僕もこのドリルなら漢字がスイスイと覚えれそうな気がします^^

古屋さんの
年齢39歳or40歳ですね。

誕生日は公表されていませんでした。

 

うんこドリル誕生の経緯ですが

古屋さんは2003年ごろから

 

うんこをネタにしたオノマトペ(擬音語、擬態語)を楽しむ
『うんこ川柳』に取り組んでおり、

 

ホームページで発表したりしていました。

これを書籍化したのですが企画が甘かったのか
採用はしてもらえなかったみたいです。

 

文響社の山本周嗣社長とはもともと友人の関係で
山本社長から2015年に古屋さんに話を持ちかけられ

ターゲットについて悩んでいたところ
『漢字なら、子どもの学習にもつながるのではないか』
と思いつきましたそうです。

結婚した嫁(妻)や子供はいるの?

古屋さんは結婚しているかなんですが
結婚されています。

古屋雄作さんの嫁(妻)の画像ですが
一緒に写っているツイートを
発見しましたよ!!

妻の市川マミさんは1973年生まれなので

古川さんより4歳ほど年上ですね。静岡県出身で放送作家をもともとされていたみたいで

有名な番組だと「ASAYAN」などの

制作をしていたそうですね。

 

古川さんとの出会いは仕事がきっかけっぽいですね。

僕は古谷さんと市川さんの苗字が違うことに

違和感を覚えて、お二人の本名について調べたのですが

分かりませんでした。

 

会社のプロフィールに市川マミとなっていたので

市川夫妻だと思うのですが

ハッキリとしたことは分かりませんでした。

夫婦別姓のケースも考えられますからね〜。

 

続いて古屋雄作さんの子供についてですが

子供は壁にかかっている画像を見ると
お子さんが書いたものを飾っているんだと思われます。

妻(嫁)の市川マミさんのTwitterで


2人旅とありましたのでこれは市川さんの
子供に間違いありません。

自分の子供だから載せているはずですからね。

年齢は3歳〜5歳くらいでしょうか。

とても仕草が可愛いですね。

家族団らんで古川さんの隣に居るのは同じ子供
なので間違いなさそうですね〜。

結論として子供はいます!!

スポンサードリンク


印税や水野敬也との関係は?

水野敬也と古谷雄作さんは
高校の同級生だったそうです。

2006年に「引きこもりミュージシャン・ノリアキ」を水野敬也さんと
一緒にプロデュースした仲
だそうですね。

デビュー曲とPVの動画を見つけましたが
めっちゃ僕は面白かったです!!

ノリアキさん、ラップも歌っていますよ!

何か応援したくなるミュージシャンですね!!

残念ながら、現在は活動停止しています。

けっこうファンも多かったみたいですよ^^

印税についてですが

発売後約2カ月で発行部数227万部(2017年5月30日時点)を記録。

ここから計算してみると

1冊1000円とし

1000×2270000=2270000000

22.7億円!!

一般的な印税率の10%だと計算だと

2億2700万

すごい数字ですね!!

今も売れ続けているので、ウハウハですね〜!!

羨ましいです!!

まとめ

 

さていかがだったでしょうか?

 

今回は古谷雄作さんについて

色々と調べてみました。

 

僕はうんこドリルも好きですが

個人的には引きこもりミュージシャンの

ノリアキさんがツボでしたね!!

 

今後は他にも面白いプロデュースされると

思うので楽しみですね。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております^^

スポンサーリンク


↓こちらの記事もよく読まれています↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。